健生病院・健生クリニック

精神科

 私たちのこころは、私たちを取り巻く時代・社会の空気を受け止め、そこに生きるこころの形を作り上げます。まれに幸せな形をつくり、多くは困難を抱える形をつくります。精神科の診療は、時代・社会の空気を感じ取り、多職種が協働して、患者さんに寄り添うことで可能になると考えています。

治療方針

 地域で生活する患者さんを支える(外来診療)、健生病院に入院する患者さんの様々な心理的困難を他科と協力しながら支える(コンサルテーション・リエゾン)。この2つを大きな柱としています。

対応疾患

 年齢・病態を問わず、心理的困難を抱える人が対象となります。

検査・治療

 種々の心理検査、必要な時には画像検査を行います。
 治療は、個人に寄り添う心理療法、薬物療法、デイケアというミニ社会での治療(当事者同士の支えあい)、訪問看護、そして院外の種々の援助機関との連携によりなります。

精神科デイケアのご案内

当クリニックの精神科デイケアについて

 精神科デイケアとは、こころの病や障害を持つことで"生きづらさ"を抱えている方々のためのリハビリテーションの場です。他のメンバーやスタッフと活動をともにすることで、楽しむことや学び合う体験を重ね、新しい自分を発見し、よりよい生活を送れるようになることを目指します。

<一般デイケア>:月、火(午後のみ)、水、木、金

 おおむね20歳以上で当クリニックに通院している方であればどなたでも参加することができます。また、現在他病院に通院されている方でデイケアを利用してみたいという方のご相談にも応じます。

<思春期デイケア>:火、土(午前のみ)

 デイケア入所時におおむね小学校高学年から19歳までの方で、ある程度の集団活動が可能な方が対象です。

<プログラム> 9:30 ~ 15:30(土曜日は 9:00 〜 12:00)

  午前 午後
・公園散歩
・軽スポーツ(雨天時・冬期)
・実践SST(社会生活技能訓練)
・カラオケ
・麻雀、花札、ゲーム等
・<思春期デイケア> ・<思春期デイケア>
・入門SST(社会生活技能訓練)
・料理
・手工芸
・ヨガ、ストレッチ
・茶道
・手工芸、革細工
・リカバリーミーティング
・卓球
・脳トレ、軽作業
・心理教育
・カラオケ
・麻雀、花札、ゲーム等
・軽音楽
・料理
・書道
・園芸
・フリー
・歌
・絵手紙、ぬり絵
・ソーシャルライフミーティング
<思春期ショートケア>(第2、4土曜日)  

上記プログラムの他、全体行事(花見、バスハイク、文化祭、忘年会など)も隔月で開催しています。

 

当クリニックのデイケアの特徴

1.発達障がいを持つ方へのサポート

 <一般デイケア>では、発達障害を持つ方へのサポートに力を入れているのが特徴です。『心理教育』は発達障害の基本的な知識やコミュニケーションについての学習を行います。『ソーシャルライフ・ミーティング』は社会生活を送るうえでのコツや・就労・自立などについて考えます。いずれも、発達障害の診断を受けた方を対象にしたプログラムです。

2.対人関係がうまくいかない方へのサポート

 診断名にかかわらず、対人関係がうまくいかないことで悩んでいる方のために、『入門SST』、『実践SST』 というプログラムを実施しています。ロールプレイという練習を通して、基本的な対人スキルの獲得や生活上の実践的な対応について学ぶことで、対人関係が円滑になり、よりラクに生活をすることができます。

3.思春期の方のサポート

主に成人を対象とした<一般デイケア>に加えて、10代~20代前半までを対象とした<思春期デイケア>を実施しています。火曜日は遊びやレクリエーションを中心とした活動を行います。第2、4土曜日には、自己理解のための学習や上手な対人関係のための練習などを中心としたプログラムとして、『思春期ショートケア』を新設しました。 また、本人を支える家族へのサポートとして<思春期家族教室>も開催しています。

 

 精神科の外来診療および精神科デイケアは「健生クリニック」にて行っております。受付時間等は、外来担当医表にてご確認ください。

健生クリニック 外来担当医表

更新:2020年 10月 2日