津軽保健生活協同組合【健生病院】 認定
 HOME > お知らせ > 睡眠時無呼吸症候群 サイトマップお問い合わせ

睡眠時無呼吸症候群をご存じですか?

主な症状として
大きないびき
  寝ている間に息が止まる
  熟眠感がない
  日中の強い眠気
  朝の頭痛
  夜間の頻尿
        等が挙げられます。
主な原因として考えられるのは、睡眠中に上気道が閉塞して窒息を生じ、その度に睡眠が分断され質のよい睡眠が得られないため睡眠不足になるためです
睡眠時無呼吸症の特徴として
寝ている間のことなので本人が病気と気がつかない
  周囲も病気と気がつかない
  高血圧・狭心症・心筋梗塞などの生活習慣病の原因
  居眠りによる事故の増加

米バージニア州の運転記録による実態調査
現在、この疾患の有病者に対する専門の治療施設が少ないため、適切な診断や治療がなされないまま放置されている患者も少なくないと考えられます。




自覚症状 ベットパートナーからの指摘等
  問診後、担当医が検査の必要性有りと判断すれば、検査についての説明がされます。
   

 
携帯型睡眠ポリグラフ(スクリーニング=SASの判別)
    動脈血酸素飽和度、いびき音、鼻口呼吸を計測します。
終夜睡眠ポリグラフ(SAS精密検査)
    脳波、電気眼電図、あごの筋電図、心電図、動脈血酸素飽和度、鼻口の呼吸、胸腹部の動き、足の動きを計測します。
検査結果
睡眠ポリグラフ検査で、10秒以上続く無呼吸が一晩に30回以上あるいは一時間に平均5回以上発生すれば無呼吸症と判断されます。
 
第一選択の治療手段として、持続陽圧呼吸療法があります。
  利点として、手術と違い、簡便に試用ができる、無呼吸を完全に消失させることができる、副作用が少ない。
効果として、日中傾眠の改善、QOLの改善、交通事故の予防、高血圧、心血管疾患などの合併症予防等があげられます。
他の選択肢として、耳鼻科的手術、歯科装具の装着、減量等があります。

以下のページもご覧ください。


ご家族から「いびきがひどい」「夜、息が止まっている」と指摘されている方、「日中の眠気がひどい」「熟眠感がない」「朝頭痛がひどい」といった症状のある方はぜひご相談ください。 健生クリニック内科 担当:飯田寿徳
メール:
電 話: 0172−33−2021
FAX: 0172−33−3644

お問い合わせいただく前に必ず、下記「個人情報の利用目的公表について」を読んでご同意下さい。



  : : : 個人情報の利用目的公表について : : :

健生病院群では、お預かりした個人情報を次の利用目的の範囲内で取り扱います。
“お問い合わせ”や“看護師募集”など、メールや電話から個人情報をご提供していただく場合、利用目的をご理解していただき、同意の上、お申し込み願います。

個人情報の類型 利用目的
患者様・利用者様に
関する個人情報
個人情報
個人データ
保有個人データ

患者様・利用者様に提供する医療サービスの励行

津軽保健生活協同組合が運営する各事業所間の連携

他の医療機関等からの照会への回答
検体検査業務及び医療保険事務業務を外部事業者へ委託
医療の質の向上を目的とした症例研究、学術研究に際して利用
医療サービスや業務の維持・改善のための資料
お問い合わせまたはご依頼に対するご回答
取引先(間接の取引
先を含みます)およ
び業務提携先に関す
る個人情報
個人情報
個人データ
保有個人データ

業務上の連絡

契約の履行
取引に関する交渉
お問合せまたはご依頼に対するご回答
健生病院群での採用
・研修・実習を希望
される方に関する個
人情報
個人情報
個人データ
保有個人データ

採用に関する情報発信、資料のご発送

選考に関する通知、書類のご発送
採用内定者に対するご連絡
お問合せまたはご依頼に対するご回答

事前に通知し、ご了承いただいた場合には、上記利用目的と異なる取扱いをすることがあります。
個人情報保護法その他の法令により許容されている場合には、上記利用目的と異なる取扱いをすることがあります。
委託先などに対し上記利用目的の範囲で提供することがあります。


津軽保健生活協同組合 健生病院・健生クリニック
個人情報保護管理責任者:事務局長 八島 将仁
個人情報保護窓口 TEL:0172-32-1171(事務局長室)




HOME
病院概要
診療案内
アクセス
お知らせ
健康コラム
情報公開
リンク集
医療連携
研修案内
 健生病院:〒036-8511 青森県弘前市野田2-2-1 Tel:0172-32-1171 Fax:0172-35-1678
copyright